供養方法は様々選択することが出来る

お墓の使用方法は、時代と共に大きく変化をしてきています。
明治時代の先祖代々墓、大正時代の○○家之墓、昭和の夫婦墓などなど時代毎にお墓を変えているケースがあります。

 

最近ではお墓の形としては和式墓から洋型墓へと徐々に変化してきています。
さらに供養の方法も埋葬、納骨、、散骨、手元供養などなど選択技が増えてきています。時代が移り変わる毎に冠婚葬祭の習慣も変わってきており、葬儀も以前では考えられなかった直葬も多く行われています。
特に現在におきましては家族葬などの身内だけで葬儀を実施するのも当たり前となってきているのです。 数多くある霊園のタイプで最も人気のあるのが公営の霊園であり、その分競争率が高くなっています。
公営霊園を待ち望むのも一つの考え方ですが、近所で管理の良い民営の霊園を選ぶのも良いかもしれません。

クラウド 導入
https://cloudpack.jp/service/support.html



供養方法は様々選択することが出来るブログ:18-10-21

大人と娘とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
娘にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
娘が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

娘の食べる事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

娘が摂取する穀物の多さこそ、
娘の脳の発達を促すことになるのだ。

ママとしては、
娘の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
ママが大量におかずを作ってしまうと、
娘は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな娘が育ってしまうのである。

娘には日本の伝統的な食べる事で充分。
ライスに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食べる事を出していては、
娘はバカになるだけ…

娘というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけからだも脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は娘みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
娘はそうはいかないのである。